事故車の買取に特化した情報をお伝えします【複数社の査定は必須】

DMM AUTO 事故車

事故をして動かなくなった車、あなたならどうしますか?

ひと昔前まではお金を払って引き取ってもらうのが主流でした。

事故車はお金を払って引き取ってもらわないといけないというイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし今は時代が違います。事故車や不動車も高く買い取ってもらうことができるのです。

今回はそんな事故車を高く買い取ってもらう方法やコツなど耳よりな情報をお届けします。

そもそも買取における「事故車」とは?

事故車を買い取ってもらおうと考える前にそもそも事故車とは何かを理解しておく必要があります。

私は現役で自動車販売店に勤務しており、車の買取査定もさせてもらっているのですが事故車について勘違いしているお客様は意外と多いです。

本当は事故車でないのに自分の車は事故車だと思い込んでいる方もおり、親切でない買取店では安く買い叩かれてしまう危険もあります。

まずここでは事故車とは何かを詳しく解説していきます。

事故車は正確な言葉じゃない

まずここで声を大にして言いたいのが「事故車」という言葉が本来正確な言葉ではないということです。

「事故車」と聞くと事故を起こした車全般をイメージすると思いますが、それだと軽度な事故でも事故車になるという間違った認識をしてしまいます。

事故車は正確には修復歴車と呼ばれ、車のフレームなどにダメージを負っている、修正・交換している車のことを指します。

便宜上、私達業界人も「事故車」という言葉を使いますが、世間一般でいう「事故車」とは少し意味合いが違うのです。

修復歴車の定義

では修復歴車がどういった車を指すのかですが、これは明確な決まりがあります。

一般社団法人日本自動車査定協会(http://www.jaai.or.jp/)が統一基準として定めている修復歴車の定義は以下の部位に損傷や修復・交換歴のある車になります。

  1. サイドメンバー
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア

これらは車の骨格、フレームにあたる部位になりますので軽度の事故で損傷することはありません。

逆にこれらの部位に損傷を負うとなるとかなり大きな事故を起こしていることになります。そのため事故車の価値は大幅に下落するのです。

事故車は買い取ってもらえる?

通常、事故車の車両価値は大幅に下落します。

中には修復不可能なレベルまで損傷してしまい買い取ってもらうことは不可能なのではと思うものもあるでしょう。

しかし車両火災など大きすぎる損傷を負ったわけでない限りどんな車でも買い取ってもらうことができます。

ここでは事故車の買い取りについて、高く買い取ってもらうコツなどを交えながらご紹介していきます。

車両の価値があるなら買取可能

まずは車両としてまだまだ再販できるだけの価値がある車の場合からご説明します。

事故車なので通常と比べると査定額は落ちますが、人気車や新しい車の場合それなりの査定額が付く場合がほとんどです。

例えば事故車でなければ100万円で売れる車があるとしましょう。

私達がその車を査定する場合、綺麗に直して事故車として再販した場合いくらで売れるかを考えます。

通常事故車であれば綺麗に直した場合でも販売価格は相場より2~3割安くなります。相場が100万円の車であれば70~80万円ですね。

車の査定をする際にはこの金額が1つの基準になります。この金額から実際にかかるであろう修理費や自社の利益などを考え査定額を決定します。

そのため、損傷の具合にもよりますが本来100万円で売れる車であれば、ある程度の事故をしていたとしてもそれなりの査定額を付けることができるのです。

車両の価値がないなら廃車買取の業者へ

古い車や通常でもあまり価値のない車の場合、事故車になると全く価値がなくなります。

車両としての価値がゼロになるということですね。

この場合、再販は不可能で廃車になりますので大手買取店などでの買い取りは期待できません。

無料で引取りになるか場合によっては廃車料金を請求ということもあるみたいです。

しかし、車両としての価値がない場合でも買い取りしてくれる廃車買取業者に頼めば、不動車でも引き取りに来てくれいくらかで買い取ってくれます。

車両として価値がない車の場合は廃車買取業者に頼むのが良さそうです。

事故車を高く買い取ってもらうには?

同じ車でも査定する会社によって買い取り額には差がありますよね。

買い取られた車の多くは自社で再販するか業者専用のオークションに流すかして利益をあげています。

再販するにしてもオークションに流すとしてもだいたいの売価はどこの業者も同じです。

では何故査定額に差が出るのか。理由は様々ありますが1番大きな理由はどれくらいの利益を取るかの差です。

高く買い取ってもらおうと思うとどれくらい利益を削った額を提示させることができるかが重要になります。

利益を削った額を提示してもらう1番の策は複数の見積もりをとり競わせるのが有効ですね。

時間が無い方は一括見積もりを利用するのも手ですが、時間があるのであれば実際に足を運んで見積もりを取るのがおすすめです。

と、いうのも一括見積もりで成約した場合、業者側はサイトに手数料を支払わなくてはならないため、その分査定額は安くなりがちです。

実際に複数社に足を運んで見積りを取り、競争させて高い査定額を引き出す。

これが高く買い取ってもらうために1番有効な手だと思います。

DMM AUTOならどんな事故車でも買取OK

車として価値がない、廃車になるような車の場合は廃車買取業者に頼むのが良いと書きましたが1つおすすめのアプリがあるのでご紹介します。

DMM AUTOという大手サイト「DMM.com」が運営する中古車買取サービスです。

DMM AUTOの良いところはアプリで車両の写真を数枚撮って送るだけで買い取り査定金額がすぐにわかるところです。

更にどんな車でも1万円以上で買い取る「1万円保証」というサービスがあります。

他の買い取り店で価値がつかなかった車や、逆に廃車料金を請求された車でもDMM AUTOに出せば必ず1万円以上の査定をしてくれるのです。

利用方法も簡単でアプリをダウンロードして写真を撮って送るだけ。これだけで1万円以上貰えるのですから利用しない手はないですね。

DMMオートの詳細はDMM AUTOの査定額 | 車買取のプロが解説をご覧ください。

事故車を買い取ってもらう場合の注意点

それでは事故車を売却する場合の注意点をいくつかご紹介していきましょう。

どれも実際によくあるトラブルを基にしていますので事故車の売却をお考えの方は是非読んでおいてください。

修復歴はしっかり告知しよう

はっきり言えば修復歴は隠したところでほとんどがすぐバレます。

1日に何台もの車を査定しているのですぐにわかります。

修復歴を隠し、それがバレたとして私達はあまり良い印象は持ちません。頑張って利益を削って高い査定額を付けようとは思わなくなります。

ただ、それで済めば良いのですが、もし運よくバレずに査定額を受け取った後で事故車であることが判明した場合、大きなトラブルに発展してしまう危険性もあります。

修復歴を隠して車を売った場合、「瑕疵担保責任」を問われ裁判沙汰になることもあるかもしれません。

もし修復歴があることがわかっている場合は正直に申告しておいた方が無難です。

売却する前に修理をすると損

「どうせなら綺麗に直して売却した方が良い査定が付くのでは?」

そう考えて事故車を綺麗に直した上で査定に持ってくるお客様もおられます。

もちろん綺麗に直してあった方が査定額はアップしますが、修理費と天秤にかけた際にアップした査定額よりも修理費の方が上回ることがほとんどです。

何故なら買取店の多くは自社系列や付き合いのある板金修理工場を持っているため、自社で修理をした方が安くあがるからです。

例えば20万円の修理費を要する綺麗な状態なら100万円の買い取り価格が付く車があるとしましょう。

ご自身で修理に出して売却した場合、綺麗な状態になっているので100万円で買い取ります。ただし修理費が20万円かかっているので手元に残るお金は80万円です。

これを手直しせずに査定に出した場合はどうなるでしょうか。

実は個人のお客さんが板金に出したら20万円かかるような車でも、自社で直した場合は半分以下で直ることがほとんどです。

10万円くらいで済むんですね。

つまり100万円の買い取り価格から修理費10万円を差し引いて90万円まで査定額を付けることができます。

ご自身で直した場合手元に残るお金は80万円ですが、直さず売却してうまくいけば90万円を手にすることができるのです。

そのため売却を考えている場合は修理に出さない方が得策なんですね。

車検証をしっかり確認しよう

売却する前に車検証をしっかり確認しておきましょう。

よくあるのが車検証上の所有者が実際に使用しており売却にきた方と異なる場合です。

例えば販売店やローン会社の名義になっている場合、そのままでは売却することができません。

ローンを完済している場合は販売店やローン会社に問い合わせれば必要書類を送ってもらえます。

万が一完済していない場合、そのお車は売却できませんのでご注意ください。

また親族などの名義になったまま名義変更を行っていないパターンもよくあります。

その場合は所有者名義になっている方の書類が必要になるため注意が必要です。

万が一所有者が死亡している場合などは用意する書類も複雑になります。

事前にわかっていれば売却する時になって慌てずに済みますので確認はしっかりしておきましょう。

まとめ

今回は事故車の買い取りについて、実際に自動車の査定も行っているプロの立場から解説させて頂きました。

まずは事故車の定義についてしっかりと理解して、自分の車が事故車なのかどうかを判断することが大切です。

その後、まだまだ価値のある車であれば大手買い取り店などに、価値がない、動かないなどの車は廃車買取業者に出すのがおすすめです。

またDMM AUTOを利用すれば、簡単に自分の車の価値を知ることができ、事故車でも1万円以上で買い取ってくれます。

まずは気軽にDMM AUTOで自分の車の価値を知るのが高価買取への近道なのではないでしょうか。